技術紹介|CTスキャナー・3Dスキャナー|試作品・試作型製作の株式会社クリモト

  • ホーム
  • 技術紹介|CTスキャナー・3Dスキャナー

技術紹介|CTスキャナー・3Dスキャナー

CTスキャナー・3Dスキャナーのご紹介

「株式会社クリモト」では新技術・新設備に関する情報感度を高く持ち、積極的に最新の工法・設備を採用しています。こちらでは、新技術を採用したCTスキャナー・3Dスキャナーについてご紹介します。




CTスキャナー(Nikon)

CTスキャナー

内部・外部寸法を非破壊で効率よく計測できる CTスキャナーです。テーブルに置くだけで高精度なX線の透過画像を得ることができます。3Dデータと測定対象物との誤差表示(カラーマッピング)や、樹脂・金属の鋳巣確認、CADデータへ置き換えること(リバースエンジニアリング)も実現できます。

従来の小型機(MCT225)に加え、大型機(XT H450)も導入し、より大きな製品を高精度で計測できる体制が整いました。

CTスキャナーハードウェア
メーカー 設備名 型式 測定可能サイズ(mm) 台数
Nikon 計測用X線CTシステム MCT225 一括スキャンサイズ:φ240×H210
最大製品サイズ:φ240×H350(分割)
1
Nikon 計測用X線CTシステム XTH450 一括スキャンサイズ:φ300×H300
最大製品サイズ:φ300×H600(分割)
1



3Dスキャナー(ATOSⅡ)

3Dスキャナー

非接触式の3次元スキャナーです。2つのカメラでスピーディーかつ高精度に撮影し、3次元データを取得します。複雑な形状を超高精度かつ短時間で測定することが可能。検査からリバースエンジニアリングに至る、製品開発のあらゆる過程で使用することができます。本機器は移動が可能なため、金型などの測定は現場での直接測定にも対応可能。可動性に優れた3Dスキャナーです。

3Dスキャナーハードウェア
メーカー 型式
GOM ATOSⅡ Triple Scan

評価事業 (複合試験)

「株式会社クリモト」では新しい事業として、評価事業に取り組んでまいります。
製品の使用環境の多様化及び使用期間の長期化により、製品に求められる性能・品質確認は必須要件となっております。
そこで弊社では新たに複合環境試験機を2台導入し、お客様から頂く様々な評価の引き合いに対して、スピーディーに対応できる体制を整えました。
こちらでは導入した複合環境試験機についてご紹介します。

複合試験機

複合試験機

複合環境試験機では、温湿度と振動を複合したストレスを与えることで、製品の長期耐久性を確認することができます。
この試験機では実際の取り付け状態を模擬した状態にて、垂直、水平の振動試験を実施する事により、実環境に近い信頼性評価をすることが可能です。
また、得られた評価データは製品開発やモノづくりへのフィードバックも容易に行う事ができ、開発期間の短縮にも繋げる事が可能となります。

ハードウェアー
メーカー 設備名 型式 測定可能サイズ(mm) 台数
EMIC 振動試験機 FH-40K/60型 加振力:4.0t(実機取り付け状態維持での垂直、水平加振)
テーブルサイズ:800mm×800mm
2
恒温槽 VC-102DAMYS(53S)
P3X-H/V
温度:-70℃~180℃
湿度:30%~98%
チャンバー内サイズ: 1000mm×1000mm×1000mm
2